2012年10月05日

【怒り】怒りを制御するテクニック

心理的な“テクニック”というと、何か卑怯なイメージもわいてしまうかもしれませんが、その根本には人間関係を円滑にしたい、という想いがあるはずで、決して汚いことではありません。

このページでは特に“怒り"を制御することにに関するテクニックなどを記載したウェブサイト・ブログなどへのリンクを集めてみました。


petuniab4.jpg


怒らないでいられる19の方法
感情に任せ、怒りをぶつけるということは、自己制御が効かなくなっているということで、例え、自分が正しい・自分に理があるという場合でも、話の流れでうっかり言ってしまった・口が滑った余計な一言のおかげで、自分の導きたい結論から遠ざかるばかりか、事態を悪化させるばかりになるような気がします。
(以下各項目より最初の三項目の主要部分を抜粋。ただし、箇条書き先頭の数字は管理人が追加しました)

 怒らないでいられる具体的方法
1.「自分にも非はないのか?」を考える。
2.感情に任せて怒りまくっても、自分にプラスになることがないってことを念頭に置く。
 忘れそうになったときには、感情的に怒ってしまって失敗した数々の事例を思い出す。
3.「これって、そもそもそんなに怒ること?」と自問自答する。

※以降を含めた詳細はリンク先をご確認下さい。


belladonna.jpg


怒らない方法
攻撃と自己主張は別のもの
1.何も言わない
 深呼吸し、声に出さずに10まで数えます。
2.冷静になる
3.休憩する
 可能な場合は、「少し考えさせてください」と言って、後で再び会う約束をします。
4.時間を稼ぐ
 その場から立ち去ることができない場合は、
 「何を言っているのかよく理解できません」
 あるいは「どういう意味かもう一度説明してください」
 と言って緊張を和らげます。
5.個人的に受け取らない
6.人それぞれ
 時には、世界をありのままに受け入れなければなりません。
7.考える
 言葉を慎重に選びます。
8.先に進む
 怒りに身を任せる前に、問題の解決策を見つける努力をしてください。
9.ユーモアのセンスをもって状況を観察する

anemoneblue.jpg








posted by 青木無常 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295502629

この記事へのトラックバック